アースサポートはなぜ訪問入浴でうまくいっているのか?

アースサポート株式会社は、訪問入浴を専門的に行っている株式会社です。高齢者介護の必要性が高まっている昨今は、高齢者向けのサービスはどんどん多様化していますが、入浴関係のサービスを中心にやっている企業で絞り込むとなると、いっきにその数は減ってしまいます。アースサポートが入浴関係のサービスをメインにできるのは、専門性が高いからでもあります。では、アースサポートのサービスの大まかなポイントをご紹介しましょう。

アースサポートは、ひたすら訪問入浴ばかりをやっているわけではありません。高齢者向けの介護をしていくと、途中で驚くほどたくさんのサービスが必要であることがはっきりとわかるものです。したがって介護事業関係の民間企業は軒並み、サービスを多めに取り揃えています。実際にアースサポートも、福祉用具の販売やレンタルや訪問理髪・美容といったサービスをやっており、ある意味で「多角経営方式」の会社と解釈できます。

しかしアースサポートは、訪問入浴関係のサービスですでに豊富な実績を積み上げており、おおぜいのリピーターを抱えています。たくさんの経験を通して勝ち得た知識やスキルがあるため、自信を持ってあらゆる利用客にお届けできるのでしょう。

訪問入浴のような複雑で凝ったサービスを実際にやろうとすると、かなりの準備が必要となります。したがって予算を潤沢に用意しないと事業の開始にこぎつけることが難しくなります。もちろん、スタッフを確保するだけでも一苦労します。訪問入浴に限ったことではないですが、介護サービスは一般人がイメージしているよりもずっとハードで難易度が高い労働となるからです。

実はアースサポートは、何種類もの老人ホームの経営や管理業務を自らやっており、資金力や人的資源の多さでは定評があります。もちろん、要介護状態に陥ってしまった高齢者と応対するときに必要となる注意点や心得についてもしっかりと把握しています。また、若い人材を育成する余裕も持っています。訪問入浴に現時点で、かなりの費用や人材をつぎ込んでいることは、間違いないでしょう。これらは、他社が簡単にまねできることだとは限りません。少なくとも、できたてほやほやの会社であればそっくりそのまま模倣しようとするのはたいへんでしょう。

アースサポートが訪問入浴というサービスで安定した成功を収めているのは、このような事実を振り返ることによって、すんなりと理解することができます。

管理人が選ぶサイト◇◇◇アースサポート株式会社【生きがい支援企業】採用情報 – ホーム | Facebook

投稿日:

アースサポートの拠点は日本中にあります

訪問入浴サービスを高齢者対象に展開していることで名高いアースサポート株式会社は、現在は東京都の渋谷に本拠地を構えています。もっともアースサポートは、訪問入浴サービスを渋谷の住民ばかりに提供しているわけではありません。もともと有料老人ホーム等をあちこちに建ててきましたし、その勢力範囲は全国区となっています。では、アースサポートが今の日本社会においてどれくらい広がっているのか、確かめてみましょう。

アースサポートは、いくつかの会社と業務提携等の形で協力を重ねています。このため、遠くにある企業ともつながりを持っています。たとえば、富山県を本拠地としている「北陸メディカルサービス株式会社」がそのいい例でしょう。その上でアースサポートは国外にも拠点を持っています。海の向こうにある中国に「愛志旺(上海)健康管理有限公司」という関連企業を持っているのです。

アースサポートのサービス拠点は、日本列島の北から南に広く見つけられます。北海道には、20を超える拠点を持っています。道庁所在地である札幌に絞ると、拠点数は6ヶ所に上ります。東北地方については、青森県から福島県までで50ヶ所を現在超えています。東北の中心都市といえば、大多数の人は宮城県仙台市を思い浮かべるでしょう。その仙台市には合わせて15ヶ所のサービス拠点を持っています。関東地方(1都7県)に関しては、すべての拠点を合わせると200ヶ所を超えています。東京だけに絞るなら、90件を超えています。首都でありすさまじい人口が集まっている以上、これは驚くことではないでしょう。

北陸地方(福井・石川・富山)は5ヶ所、甲信越地方(新潟・長野・山梨)は18ヶ所と少な目ですが、東海地方(愛知・静岡・岐阜・三重)は30ヶ所を超えています。愛知県だけに絞ると18ヶ所に上ります。関西については、アースサポートは2府4県という区切りを現在設けている模様です。合計で48ヶ所の拠点があります。そのうち半分くらいが大阪府内に所在します。兵庫県も多めで、16ヶ所に拠点が存在します。

中国地方(山口・岡山・鳥取・島根・広島)は14ヶ所の拠点がある地方です。四国地方に関しては5ヶ所の拠点があります。九州については、全体で12ヶ所の拠点があります。福岡県だけは他の県よりも多くて、この県だけで5ヶ所の拠点があります。なお沖縄については、現在は拠点が未だたてられていません。

地域によって違いがあるものの、アースサポートは日本各地に拠点をつくってきました。まだあちこちに増え続ける可能性があります。

投稿日:

アースサポートの訪問入浴から生じる恩恵

アースサポート株式会社は、訪問入浴サービスに以前から力を入れながら展開してきました。アースサポートは、介護関係のサービスをたくさんやってきた会社で、ほかにもいろいろな方面で実績があります。そのようなアースサポートがなぜ訪問入浴に集中しているのか、考えていきましょう。

アースサポートが訪問入浴にこだわる理由は、このサービスにはメリットがたくさん見つかるからです。高齢者への介護を提供する際に必要となる物資やサービスは山のようにありますが、入浴サービスはひと際需要が高いものです。

たとえばアースサポートの訪問入浴サービスには、温熱効果があることで知られています。ぬるめのお湯を浴槽に浸して、その中でゆっくりと入浴することで要介護度が進んでいる高齢者の肉体はじっくりと温められます。副交感神経を程よく刺激することが可能ですし、高齢者の食欲を増す効果まで期待できます(お湯の中で温まっているうちに、いつしか胃液の分泌が促されるためです)。このほかアースサポートでは遠赤外線を用いる特殊な浴槽を用意しています。この中で入浴すると高齢者の血流をほどよく増進することができるのです。

そして、適度な水圧を浴槽内で加えることもできます。血行は、すべての人間にとって非常に大切な仕組みです。高齢者に限ったことではありませんが、血行が活発になれば全身に栄養分や酸素といった、人間の活動を根底から支えている要素がいきわたります。それに老廃物の排泄に関しても、血行がカギを握っているのです。アースサポートの訪問入浴を受けた高齢者の中には、下半身のむくみが解消されたという体験談があります。これも、血行が改善されたことで得られた収穫のひとつでしょう。

このほか、アースサポートの訪問入浴では、看護師が同行する体制が敷かれています。資格を持つ看護師が同行することは、医療面で大きな貢献があります。訪問入浴の前後に看護師が高齢者の全身を確認するため、床ずれやむくみといった要介護度が進んだ高齢者がしばしば悩まされている症状を早期発見することが可能となるのです。要介護者になると、なかなか自力で症状を発見したり周囲に知らせたりすることもままならなくなってしまいますから、定期的に看護師とコンタクトを取ることは大事なのです。

このようにアースサポートの訪問入浴は、高齢者にとってメリットがたくさんあります。アースサポート側は、その点に関して早く気付いて、このサービスに全力投球しているのでしょう。

投稿日:

アースサポートの訪問入浴が喜ばれる理由

アースサポートは、訪問入浴を推進している企業です。高齢者向けの介護サービスを展開している企業は全国にありますし、入浴関係の介助といったサービスをやっているところは全然珍しくありません。そのような風潮がある中で、アースサポートは訪問入浴にとてもこだわりを持って続けてきました。その成果はすでに出ており、サービスをよく利用している高齢者の中からは、このサービスを心待ちにしているといった肯定的な意見が出るようになっています。ではアースサポートは、なぜ訪問入浴でそこまでの成功をつかんだのか考察してみましょう。

入浴を好まない高齢者はめったにいません。日本はもともと世界的にみても、太古の昔から入浴を好んできたという歴史を持っているのですから。しかし要介護度が進んでしまうと、自力で入浴をすることは難しくなってしまいます。だからこそ、訪問の介助は食事等と並んで現在の介護制度においてはかなりの位置を占めているのです。

つまり入浴関係の介護サービスは必要性が高いですし、公的な介護施設も民間の介護施設・事業者も前向きに取り組んでいますが、安全性の確保といった問題はあります。危険を伴うから介助をするわけですが、経験が足りない者がその介助をするのはどうしても危険性を高めてしまいます。

しかしアースサポートは、経験の豊富なスタッフを訪問入浴に投入しています。それにアースサポートは必ず3~4名の体制を組んで訪問に回るような方針を取ってきました。複数名でひとりの利用者に入浴サービスを提供するなら、必然的にリスクは激減します。また、新人スタッフの研修においては非常に慎重な育成を行っています。

このような理由から、アースサポートの訪問入浴では特殊な事情を抱えている高齢者でも安心して利用できるようになりました。寝たきりの高齢者でも、横になった状態のまま入浴サービスを受けられるのです。持病や障害といったハンディキャップを抱えている高齢者も、同様に入浴を体験できるチャンスがあるのです。

またアースサポートの訪問入浴では、スタッフはてきぱきとコミュニケーションを続ける体制をとっています。スタッフ同士のコミュニケーションも大事ですし、スタッフと利用者のコミュニケーションも大事です。これがトラブルを防ぐ効果をもたらしますし、信頼関係の増幅にもつながります。

アースサポートの訪問入浴が広く受け入れられている理由は、このような事情目を向ければ自然と理解可能でしょう。

投稿日:

アースサポートの訪問入浴はいろいろな人が利用できます

アースサポートは、訪問入浴のサービスで最近、高い名声を獲得しています。入浴は、介護サービスにおいては極めてメジャーですし、よそでも受けられる機会は山のようにあります。それなのにどうして、アースサポートが訪問入浴でとびぬけた知名度と評判を集めてきたのでしょうか。

アースサポートは、基本的にどのような状況の高齢者でもお断りしない体制をとっています。他社と明らかな違いがあるとすれば、第一にその点でしょう。これは、介護になじみがない人はよく知らない情報ですが、入浴時の介護は一般人が思っているより難しくてハードな作業です。だからこそ、メーカーは高い費用を投じて、複雑な入浴専用の介護マシンをつくっているのです。介護スタッフが入浴の介助を担当する場合でも、危険なことが起こらないように、入浴が終わるまで油断するわけにいかないのが常識です。

このような理由から、入浴関係の介護サービスをやっている企業でも、申し込んできた人の状況によっては契約をお断りすることがあります。要介護度がかなり進行している場合や、深刻な病気・けが等をしている場合は、企業側にとってもサービスの安全な遂行が困難なのです。

しかしアースサポートは、あえてその難題に取り組んできました。実際にアースサポートは、よそで断られてしまった人を受け入れています。たとえば、常に医療器具等を装着していなければならないというハンディキャップを抱えている高齢者には、その状態で安全に入浴できるサービスを実施してきました(医療器具をつけているだけでなく、結核に罹患しているといった状態であれば話は別ですが)。

しかし結核は除外するにしても、何らかの感染症に罹患している高齢者でも基本的にアースサポートの訪問入浴は受けられます。梅毒や肝炎といった難しい疾患の場合でも、同様にアースサポートは受け入れてきました。感染症の場合なら、その予防のためにスタッフは手袋を装着しますし、疾患によっては入浴の前後にスタッフがうがいをするという決まりはあるものの、サービスを全面的に断ることはないのです。あえて補足するなら、疾患や体調によっては入浴サービスを提供する日時を制限することはある模様ですが。

アースサポートの訪問入浴は、このように体調に大きな問題を抱えている高齢者も幅広く受け入れることで、おおぜいの利用客からの信頼を集めてきました。顧客の満足度を高めることに成功していると評価できるでしょう。

投稿日: